Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

在日ペルー大使館 | August 28, 2016

Scroll to top

Top

日本で初めてのマルティン・チャンビの写真展が開幕

April 23, 2016 |

今月19日、マルティン・チャンビの作品を展示する日本で初めての展覧会が、ペルー大使館のオーディトリアム「マチュピチュ」で開幕しました。

エラルド・エスカラ駐日ペルー大使は冒頭のあいさつで、世界的に知られたペルー人写真家マルティン・チャンビの作品の価値を強調すると共に、先住民の日常や習慣、祭日を収めた彼の写真は専門家から高い評価を受けており、この展覧会により日本で初めて公開されることになったと述べました。

写真家の白根全氏は、マルティン・チャンビの作品の持つ芸術性とドキュメンタリー性を力説しました。チャンビは、世界の主要な博物館や美術館、そしてギャラリーで展覧会が行われている世界的に有名なペルー人写真家であるにもかかわらず、彼の作品展が日本で開催されるのは今回が初めてです。

©photos Victor Gusukuma

Read More

第四回太平洋同盟セミナー東京で開催 新しいビジネス・チャンス

January 19, 2016 |

2016年1月19日、米州開発銀行アジア事務所(BID)にて、国際協力銀行(JBIC)、一般財団法人海外投融資情報財団(JOI)、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)、一般社団法人ラテンアメリカ協会(AJALAC)、日本・東京商工会議所の後援の下、太平洋同盟セミナーが開催され、約160人が参加しました。

セミナーにて、エラルド・エスカラ駐日ペルー全権大使は、同盟臨時議長として4か国(コロンビア、チリ、メキシコ、ペルー)を代表し、太平洋同盟の見通しについてのプレゼンテーションを行いました。続いて4か国の商務参事官が自身の国での投資計画を発表し、太平洋同盟の外交使節団代表が一般からの質問に応答しました。ペルーのルイス・フェルナンド・エルゲロ商務参事官は、道路輸送、港湾、鉄道、エネルギー、炭化水素、水、衛生、保健、教育に重きを置いたペルーの公共インフラ投資機会について見解を発表しました。

このセミナーでは、太平洋同盟加盟国経済の強みや加盟国内で直接外国投資する為の施設設立などの、生産的な連鎖を確立する可能性が強調されました。

Read More

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE