Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

在日ペルー大使館 | December 8, 2019

Scroll to top

Top

ペルーと日本が二重課税回避並びに脱税回避防止の為の条約に署名

ペルーと日本が二重課税回避並びに脱税回避防止の為の条約に署名 ペルーと日本が二重課税回避並びに脱税回避防止の為の条約に署名

2019年11月18日

グスタボ・メサ・クアドラ・ペルー共和国外務大臣と土屋定之駐ペルー日本国特命全権大使は、「所得に対する租税に関する二重課税の回避並びに脱税及び租税回避の防止のためのペルー共和国と日本国との間の条約」(CDI:租税条約)に署名しました。

この条約の目的は、両国の税務当局間において、効果的に国際的な脱税及び租税回避を防止する手段を構築することに加え、所得に対する租税に関して国際的な二重課税を回避することを目的としたメカニズムを確立するためです。その意味で、この条約は、透明性と汚職・腐敗との闘いを強化し、両国間に好ましい投資環境を作り出すことを目指しています。

前述の租税条約は、ペルーへの日本人移住120周年と日本ペルー商工会議所設立から50周年の記念の一環として署名されます。

ペルーと日本は、これまでに投資の促進、保護及び自由化に関する協定(2009年、APPRI)、経済連携協定(2012年)を締結しています。

日本は、主にペルーの鉱業セクターに投資しており、ペルーへの投資国ランキングでは15位にランクされています。