Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

在日ペルー大使館 | April 21, 2017

Scroll to top

Top

ニュース

ウナ ソラ フエルサ“Una Sola Fuerza” (力をひとつに) キャンペーン 被災者支援のための銀行口座開設のお知らせ

March 23, 2017 |

在日ペルー大使館、および、在東京・在名古屋ペルー総領事館は、ペルーの各地で続いている自然災害による被災者へのご寄付の受け入れ口座を開設いたしました。日本の皆様からのご厚志によるご支援に心より感謝を表します。

ペルーでは沿岸部を中心に“El niño costero(エル・ニーニョ・コステロ)現象”の影響により、大規模な水害に見舞われています。現在も、雨は降り続いており、被害はますます深刻になっています。

*El niño costero(エル・ニーニョ・コステロ)現象とは・・・ペルーとエクアドル沿岸部の海水の温度があがり、それらの地域で強い雨を降らせる現象。

この度、日本社会にみる連帯の精神にならい、ペルー政府の推進する「ウナ ソラ フエルサ“Una Sola Fuerza”(力をひとつに)」キャンペーンの一環として、ペルー外務省の指示に従い、日本の銀行口座を開設いたしました。当口座へのご寄付の全額が、INDECI(国家防災庁)へ送られます。現在INDECI(国家防災庁)が、被災地域における救援活動を行っております。

重要な点として、被災地までの距離に鑑み、また必要とされる内容に早急に対応することが被災者救援となることを考慮し、ペルー政府は、国外からのご支援は資金援助の形が適切だと判断しましたことを申し上げます。

つきましては、皆様のご寄付は次の銀行口座へご入金いただきたくお願いいたします:

口座名義:CONSULADO PERU TOKIO-AYUDA A DAMNIFICADOS 2017

コンスラード ジェネラル デル ペルー エン トキオ アユダ ア ダムニフィカドス2017

銀行名:三菱東京UFJ銀行

口座番号:3056528

口座種類:普通

支店番号:615

支店名:五反田駅前支店

通貨:円

これは、在日ペルー大使館、在東京及び在名古屋ペルー総領事館による唯一の公式な活動です。この連帯のキャンペーンにご参加いただけましたら幸いに存じ上げますと同時に、私どもは、ペルーにおける被災者へのご支援に心より感謝申し上げます。

Read More

クスコ芸術大学卒業アーティストによる絵画展

August 26, 2016 |

ペルー大使館の協力を得て、ディエゴ・キスペ、クスコ州立高等芸術学校卒業生の24作品を展示します。現在のペルーアンデス地方のコンテンポラリーアートの潮流をご覧いただけることでしょう。油絵、木版画など様々な手法を使った作品は、40センチ×30センチのものから120センチ×110センチの大型作品まで、見ごたえのある内容になっています。

セルバンテス文化センター東京2階ギャラリー

オープニング: 9月1日(木)19:00~

展覧会:10月1日(土)まで

Read More

マルティン・チャンビ写真展

June 16, 2016 |

ペルー大使館は日本の皆様を、世界的に知られたペルー人写真家マルティン・チャンビの写真展にお招きいたします。先住民の日常や習慣、祭日を収めた彼の写真は専門家から高い評価を受けており、この展覧会により初めて日本の皆様にご覧いただけることとなりました。

マルティン・チャンビ写真展 ペルー大使館後援 2016年6月14日(火)~7月3日(日) 年中無休・入場無料 Café Art Restaurant “SUNDAY” 〒154-0001世田谷区池尻2-7-1 B1F.

http://sunday-cafe.jp/access/index.php

  • 田園都市線池尻大橋駅下車、南口出口を出て、国道246号線沿いにそのまま直進。徒歩10分程の三宿交差点を左折したすぐ先。
  • 渋谷から、東急バス・小田急バスで三宿を経由する路線(祖師谷大蔵、二子玉川、成城学園)行きの路線で、三宿バス停下車。前方の三宿交差点左折。徒歩2分。

イベントや貸切営業などにより、ご入場頂ける時間が日によって異なります。6月19日(日)19時、26日(日)19時、7月2日(土)13時よりゲストをお迎えしてギャラリートークも予定されています。事前にホームページまたはお電話にて開廊時間をご確認の上ご来場ください。

Read More

日本で初めてのマルティン・チャンビの写真展を開催

April 26, 2016 |

ペルー大使館は日本の皆様を、世界的に知られたペルー人写真家マルティン・チャンビの写真展にお招きいたします。先住民の日常や習慣、祭日を収めた彼の写真は専門家から高い評価を受けており、この展覧会により初めて日本の皆様にご覧いただけることとなりました。

マルティン・チャンビ写真展 共催 白根全/在日ペルー大使館 2016年4月19日(火)~ 5月16日(月) 11:00~17:00  金曜日は20時まで 日曜・祝日閉館 入場無料 ペルー大使館 視聴覚室 ”マチュ ピチュ“ 〒150-0012 渋谷区広尾2-3-1

Read More

日本で初めてのマルティン・チャンビの写真展が開幕

April 23, 2016 |

今月19日、マルティン・チャンビの作品を展示する日本で初めての展覧会が、ペルー大使館のオーディトリアム「マチュピチュ」で開幕しました。

エラルド・エスカラ駐日ペルー大使は冒頭のあいさつで、世界的に知られたペルー人写真家マルティン・チャンビの作品の価値を強調すると共に、先住民の日常や習慣、祭日を収めた彼の写真は専門家から高い評価を受けており、この展覧会により日本で初めて公開されることになったと述べました。

写真家の白根全氏は、マルティン・チャンビの作品の持つ芸術性とドキュメンタリー性を力説しました。チャンビは、世界の主要な博物館や美術館、そしてギャラリーで展覧会が行われている世界的に有名なペルー人写真家であるにもかかわらず、彼の作品展が日本で開催されるのは今回が初めてです。

©photos Victor Gusukuma

Read More

第四回太平洋同盟セミナー東京で開催 新しいビジネス・チャンス

January 19, 2016 |

2016年1月19日、米州開発銀行アジア事務所(BID)にて、国際協力銀行(JBIC)、一般財団法人海外投融資情報財団(JOI)、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)、一般社団法人ラテンアメリカ協会(AJALAC)、日本・東京商工会議所の後援の下、太平洋同盟セミナーが開催され、約160人が参加しました。

セミナーにて、エラルド・エスカラ駐日ペルー全権大使は、同盟臨時議長として4か国(コロンビア、チリ、メキシコ、ペルー)を代表し、太平洋同盟の見通しについてのプレゼンテーションを行いました。続いて4か国の商務参事官が自身の国での投資計画を発表し、太平洋同盟の外交使節団代表が一般からの質問に応答しました。ペルーのルイス・フェルナンド・エルゲロ商務参事官は、道路輸送、港湾、鉄道、エネルギー、炭化水素、水、衛生、保健、教育に重きを置いたペルーの公共インフラ投資機会について見解を発表しました。

このセミナーでは、太平洋同盟加盟国経済の強みや加盟国内で直接外国投資する為の施設設立などの、生産的な連鎖を確立する可能性が強調されました。

Read More

ペルー チャリティー マーケット 2015

November 25, 2015 |

今世界的にブームなペルー料理、ペルー物産の販売とペルーの音楽やダンスをお楽しみください。

このイベントの目的は、エマニュエル協会の慈善活動を支援するための資金を皆様方にお願いするためです。この協会はリマ市プエンテペドラ区において、孤児院、病院、養老院などを運営しています。 (http://www.aemmanuel.org)

12月05日 (土) 11:00 am. ~ 4:00 pm.

会場: ペルー共和国大使館   〒150-0012  東京都渋谷広尾2-3-1

恵比寿駅より徒歩10 分。 恵比寿駅西口バスターミナルより都バス(学06)日赤医療センター行き約5分「広尾高校前」で下車徒歩1分

お問い合わせ: 080-3594-5989 (日本語)

寄付: 1000円

ご来場頂いた方から1000円の協賛金を頂戴いたします。

その方々の中から、抽選によって素敵なプレゼントをお贈り致します。

Read More

ペルー人シェフが日本で開催されたアジアパシフィック フード&ワイン フェスティバルに参加

October 9, 2015 |

都内の有名ホテルで「第4回アジア パシフィック フード&ワイン フェスティバル」が開催され、ペルー人シェフのビルヒリオ・マルティネス氏が、ペルー料理の素晴らしさを紹介しました。同フェスティバルは日本で開催される最も重要なイベントの一つであり、フランス、ポルトガル、香港、シンガポール、日本など各国の著名なシェフが一同に会しました。

Read More

日本の企業使節団がクスコを訪問

May 13, 2015 |

在日ペルー大使館による各種調整を経て、2015年5月1日(金)に白石徹衆議院議員を団長とし、エラルド・エスカラ駐日ペルー大使が同行する、日本の企業使節団38名がクスコ市に到着しました。

建設、食品、機械などの様々なセクターから成る企業家の同市でのスケジュールは、多忙なものと成りました。今後のチクラヨ市と新居浜市の姉妹提携に向けて、白石議員は新居浜物産協会会長として、チンチェーロ手工業連盟及びピウラ・コリマルカ地域経営委員会との関係を強化し知識の共有を図る覚書に署名しました。

この後、5月3日にはクスコ議会副議長のロナルド・エルモサ・ムニョス氏や同使節団に貿易関係の強化を働きかけた役員会メンバーとの会談を行いました。使節団はアンデス穀物、チョコレート、アルパカ・ビクーニャ繊維、宝飾などの多岐に渡るクスコ小零細企業の製品を展示するショールームを見学しました。

Read More

ペルー日本友好の日

April 15, 2015 |

来る4月3日にペルーへの最初の日本人移民到着116周年を迎えるのを記念し、4月1日に在日ペルー大使館で「ペルー日本友好の日」の祝賀行事が行われました。

ペルーがラテンアメリカで最初に日本と外交関係を樹立した国となったのは1873年のことでした。また1899年4月3日には南アメリカで最初の日本人移民が佐倉丸でカヤオ港に到着しました。この日を記念して毎年この日には「ペルー日本友好の日」をお祝いしています。

横浜港に立つペルーと日本の絆と友好の象徴である「リマちゃん」の彫像に献花を行いました。午後には、大使館のオーディトリアムで記念行事が行われました。駐日ペルー大使は挨拶の中で、この日がペルーと日本の友好関係と文化の絆にとって重要な意義をもつことを強調しました。

また、ペルーで様々な考古学調査に参加した山本睦氏が講演を行い、日本人モデルのエリコ氏はペルーでの経験を語りました。

レセプションの最後には、ペルーの料理の試食が行われました。宇都隆史外務大臣政務官は招待者を代表してお礼を述べると共に、記念行事はペルーへの日本人移民の歴史を強調するだけでなく、両国の友好関係の証であり、関係をさらに深めるための良い機会としても意義深いものであると語りました。

このイベントには、その重要性と両国関係の絆を示すように、前記政務官のほか日本の国会議員、外交団、日本国外務省、様々な在日ペルー協会、ペルーと関係の深い日本の方々などが出席しました。

Read More